Home > お出かけ・外遊び > | 旅行 > | 犬と子供 > | 犬連れで... > | 犬連れ旅行 > | 食事 > 冬の野辺山、犬+子連れ旅行

冬の野辺山、犬+子連れ旅行

20090214-017.jpg

野辺山の旅館に一泊して、キャンプ以外では初となる犬+子連れ旅行をしてきた。
昔は、ペンション・プチホテルの類を利用して、あちこちへずいぶん旅行したものだが、モーフィーを迎えて以来、ヤツが喜ぶビブリでのキャンプが中心になってしまっている。上げ膳据え膳で食事の支度までしてもらえる旅行なんて数年ぶりだし、ミドリが生まれてからは初めてだ。

元々は、日帰りで「野辺山高原アイスキャンドルフェスティバル」を見に行くだけのつもりだった。
しかし、週明けに迎えるミドリの2歳の誕生日記念に、どうせだったら1泊して、雪遊びなんかもして.....となった次第。

犬連れ可能な場所が多い清里のペンションなども考えたのだが、やはり会場に近い方が良いだろうということで、最終的には「野辺山荘」にお世話になることにした。
中型犬以上が利用出来るのは2室、いずれも和室である。15畳あるので、親子3人+ラブラドール1頭でも十分な広さだった。
人工だが温泉風呂があり、地元の食材を中心とした食事もなかなか美味しい。何より、細かいところまで気配りの行き届いた、気持ちのいい小旅館でした。

 

夕方から始まるアイスキャンドルフェスティバルの前に飯盛山をスノーシューで登ろう、と何となく考えていたのだが、異様なほどの暖冬の影響で、あっちにもこっちにもさっぱり雪がない。
仕方がないので、モータンがミドリとスキー場の子供ゲレンデで遊んでいる間に、モーを連れて美し森付近をちょっとお散歩。どの程度標高を上げれば、スノーシューが楽しめそうなのか?、下見を行った。

宿にチェックインして、しばらく休んだら、車で数分の野辺山高原アイスキャンドルフェスティバル会場へ。このイベントは、今年ですでに14回目なのだとか。
中庭に2400個のキャンドルが灯され、サービスの豚汁やお汁粉が振る舞われ、氷の巨大オブジェがライトアップされ、キャンプファイヤーが点火され、地元の小学生コーラス隊の合唱が披露され、地元チームのよさこい踊りも披露され、手品師のマジックショーが行われ、大ビンゴ大会が催され、花火が盛大に打ち上がり、展示されていた手作りアイスキャンドルのコンテスト結果が発表される、という地味なことこの上ないイベントなのだが、村民のみなさんのほのぼのとした手作り感があふれていて、なかなか素敵でした。

翌日、宿でスノーシューをレンタルして、多少は雪がありそうな賽ノ河原をとりあえず目指すことにしたものの、モータンが気分が乗らないというので、途中でUターン。
ところが、なんと下山の途中でエル結家とバッタリ鉢合わせした。山梨県の山中で、まさかサイタマの犬友達に会うとは.........!!!
せっかくなのでお昼ご飯を一緒に食べた後、エル結家は中央高速を利用してのご帰宅。
我が家は、海ノ口・湯川の氷瀑を見学してから、いつもの関越道で帰路についた。

湯川の氷瀑はアイスクライミングのゲレンデとしても利用されるようだが、すでに所々から水の流れが確認出来るような状態だった。
そして、地響きがするような轟音と共に、突然目の前で巨大な氷柱が崩落したのには、驚かされた。
写真撮りに下まで行っていたら、串刺しになるところだった..........ふぅ。

それにしても、この週末の暖かさは、ちょっと不気味なほどだった。
往きの車中から見た、141号線「市場」付近の温度計は(マイナスではなくプラス)14度を指していた。
温暖化列島、ですな。

冬の野辺山、犬+子連れ旅行 リポート

  • 20090214-001.jpg
  • 20090214-006.jpg
  • 20090214-010.jpg
  • 20090214-009.jpg
  • 20090214-011.jpg
  • 20090214-013.jpg
  • 20090214-014.jpg
  • 20090214-015.jpg
  • 20090214-012.jpg
  • 20090214-016.jpg
  • 20090214-028.jpg
  • 20090214-029.jpg
  • 20090214-019.jpg
  • 20090215-020.jpg
  • 20090215-021.jpg
  • 20090215-026.jpg
  • 20090215-025.jpg
  • 20090215-027.jpg
  • 2009年2月15日 23:26
  • Posted by: かえる

Comments:8

michiyo 2009年2月18日 22:44

かえるさん写真ありがとうございました
旅行中にお友達とばったり会えるなんてとっても嬉しい出来事でしたね
それも大好きな山で。。思い返せば浦和でばったり車ですれ違ってこれで二度目ですね(笑)
また嬉しい偶然があるといいなあ~レポート楽しみにしています

かえる 2009年2月19日 00:00

michiyoさん

渋滞は大丈夫でしたか?
関越は、やはり多少混んでいました。
それにしても、嬉しい偶然でした。
でも、同じ人と別の場所で偶然会うコトって、山歩きをしている人同士だと、よくある出来事みたいですよ。
また、どこかでバッタリお会いしそうですね。
レポート、今回は本格的なハイキングとかもしていないので、週末くらいまでには出来るといいなぁと思っています。
亡骸となったシカさんの生首アップのグロい画像から始めようかとも思っているのですが.....やっぱりダメ?!

カレンまま 2009年2月19日 21:15

みどりちゃんの浴衣姿に思わず釘付けになってしまいました。
もうすぐお雛様、お着物着せたらどんなにかかわいいんでしょう。
家族みんなで楽しめる宿いいですね。
モーフィーちゃんも同じがいいものね。

かえる 2009年2月19日 22:57

カレンままさん

犬連れ客専門の旅館というわけではなく、オーナーが動物好きということもあり、人に迷惑をかけるようなことがなければ犬連れでも受け入れるし、バリアフリー等にも配慮し、なるべく様々な条件のお客さんが快適に過ごせるような環境作りをするという運営姿勢のようでした。
特別何かがスゴイというわけではありませんが、細かい気配りがとても心地の良いお宿でした。
部屋に入ると、ぼくらのものはもちろん、ちゃんと幼児用の浴衣(&茶羽織)まで用意されていたので、思わず羽織らせて写真撮っちゃいましたよ。
これで犬用まであったら、ネタ的には完璧でしたけどね。。。
ともかく、個人的な印象としては、なかなかいい小旅館でしたよ。

あゆむ 2009年2月22日 16:58

最新の記事のコメント欄はcloseとなっていましたが、こちらに集約という意図でよろしいのですよね?

マメにいい家族旅行をしていますね。仙人小屋は行き損ねたのが残念です。
解体したばかりの動物の皮が吊られている光景は人間の本来の生活らしくてホッとしますね。たしかにクセがありそうですが、鹿の肉と聞くとイメージが悪くはない気がするので名物として肉を消費する方向は良いんじゃないでしょうか。
ブラックバスも食用として名物を狙っているところがありますがイメージが良くない例ですよね。水がきれいな場所の野生魚なら美味いんですが。
葉山でもちょっと山側に入ると農業が盛んでタイワンリスやアライグマによる被害が深刻です。きょうも農業のことではありませんが、庭の池で繁殖するトウキョウサンショウウオがアライグマに食い散らかされて減っていると聞きました。タイワンリスはおいしくなさそうでうが、アライグマはタヌキ汁にしたら旨そうなので食用に活用して減らせたらいいのにと思います。

犬OKでもずいぶん豪華なホテルがあるんですね。シガールームも殺風景
に隔離されているとしか思えない喫煙室とは違ってシガーバーの雰囲気が出てますね。


かえる 2009年2月22日 19:01

あゆむさん

はい、リポート記事に関していただいたコメントやそれに対するレスなども、記事の内容を補足する性格があるので、すべて集約しておいた方が後で閲覧していただいた方にとって多少なりとも参考になるかな~と思うからです。ちなみに、更新お知らせの記事は、何日かしたら削除しようと思っています。

仙人小屋、仙人に怒られて気を悪くする方もいるだろうから、万人にお勧めはできませんが、個人的にはかなり気に入っています。
家畜ではない獣肉って、良くも悪くもみなクセ(旨味でもあるけど)がありますよね。まぁ、普段食べ慣れていないということなのかもしれませんが。いわゆるジビエ料理って、そのクセをソースなどで上手に消し去るという方向や、逆にむしろ野趣溢れた風味を全面に押し出すという手法があるのだと思いますが、後者だと人によってはちょっと受け付けないかもしれませんね。
鹿肉は山梨側というよりも、諏訪の辺りで名物にしようという動きがあるようです。
ブラックバスは、生息環境もそうですが、いろんな意味で不当にイメージが悪いですからね。以前にブログにも書いたのですが、マジェランアイナメとかいう深海魚が「銀ムツ」とネーミングされるとなんだか美味しそうに感じられてみんな喜んで食べたように、ブラックバスも「黒スズキ」とか言って売れば騙されて「美味しい美味しい」と喜ぶ人も多そうなんですけどね。味自体はけっして悪くないとのことだし。

野辺山荘さんは、そんなに豪華という感じではなく、どちらかというとこぢんまりとした小旅館なのですが、館内の設備やサービスなど細かいところにまで気配りされていることが感じられ、正直言ってホームページを拝見して想像していたよりもはるかに好印象でした。
世の中には「赤ちゃんや幼児連れ大歓迎」という宿泊施設もある(プレイルームがあったり、アレルギー食対応、館内・浴室殺菌済み(??)みたいなウリがあるらしい!)ようですが、そういう場所では多分犬連れはお断りでしょう。また、以前は気にしたこともなかったのですが、犬連れ客用のペンションなどでは逆に「(人間の)子供お断り!」というところも多いようなのです。
想像するに、小さな子供を持つ親は「犬は危険で不潔な動物」と考える人が多く、子供のいない犬の飼い主は「ガキはうるさくて迷惑」と思っている人も多いのでしょうね。まぁ、気持ちはわからなくもないのですが、現実問題として両方いる家庭としては、旅行しようと思うとけっこう選択肢が狭まってしまうんだなぁ~と今回改めて感じました。
そういう意味で、基本的なマナーさえ守っていただければご自由にどうぞ、というスタンス(たぶん)の今回のお宿はありがたかったです。
でも、綺麗な和室にラブラドールと一緒に泊まるというのは、気を遣ってしまうことも多く、ちょっと緊張しましたけどね。
小さなシガールーム、置いてあるお酒はギネスやほとんどジュースみたいなリキュール・カクテルの類の小瓶が数種類しかないので、お酒を飲む場所として利用する人はほとんどいないのでしょうが、愛煙家には嬉しいでしょうね。たぶんオーナーさんがお好きなんじゃないかな。

ハッピーまま 2009年2月23日 01:03

今年はどこも暖冬の影響なのでしょうか?
それでもアイスキャンドルとっても綺麗ですね~
氷ではないけれど、雪で小さなカマクラ作ってキャンドル灯すって1度やってみたい体験なんです。
石川県の白峰村にそんなイベントがあるみたいですよ。

八ヶ岳?と星空の写真 私とっても気に入りましたよ!
(早起きおつかれ様でした。。。)
中学生のころにあんな写真が撮りたくてなんの知識もなく無謀にチャレンジしたコトを思い出しました…

チョットどきっとしながら見始めたレポートでしたが、また楽しみにしてま~す♪

かえる 2009年2月23日 01:31

ハッピーままさん

今週末であれば、きっとそれなりに雪が楽しめたんでしょうけどね、先週は季節はずれの暖かさのピークでしたから。氷のキャンドルも溶けまくってました。。。
アイスキャンドルを使ったイベントって、けっこう各地にあるみたいです。
小さなカマクラにキャンドル灯すのも、あたたかい光になりそうでイイですね。

野辺山の辺りは、あちこちで八ヶ岳がとてもよく見渡せるのです。いい具合に雪をかぶっていて、暗い中でもけっこう絵になります。
この日は満月から何日も経っていないので、星の数は今ひとつでしたが、気に入っていただけて嬉しいです。
今年は世界天文年だとかで、星空が話題になることも多そうですから、何かと夜空を見上げる機会がありそうです。
三脚と任意の時間シャッターを開けておける機能のあるカメラさえあれば、星景撮影って技術的にはほとんど難しいことないですよ。その分、ロケーションと構図に差別化が必要ですけどね。
中学生の頃撮りたかった(!)写真、ぜひまたチャレンジしてみてください!

Comment Form

Home > お出かけ・外遊び > | 旅行 > | 犬と子供 > | 犬連れで... > | 犬連れ旅行 > | 食事 > 冬の野辺山、犬+子連れ旅行

リンク集
フィード購読

Return to page top