Home > アレコレつぶやき > | > | 独り言あるいは自分用メモ > 串田孫一の美しい言葉、あるいはボタニカルアート画文集「野生の花」

串田孫一の美しい言葉、あるいはボタニカルアート画文集「野生の花」

20090411-001.jpg

何度も書いているが、串田孫一さんの「断想」にはいつもウットリとさせられてしまう。
この「野生の花」は、32種の野生の花を題材とし、荒谷由美子さんが絵を、串田孫一さんが文章を担当した、ボタニカルアート画文集なのだが、序文となる「花についての断想」が(もちろん、本文もだが...)例によって実にシビれる美文なのだ。
古書店の店頭でページをめくり、最初の3行を読んだ時点で、レジに向かってしまいました。

 私は自分の部屋に花を飾る習慣がない。だが、私を訪ねて呉れた人が玄関に立ち、小さい花束を差し出したらば、それを受取る時の作法は心得ているつもりである。
 その花に似合った花瓶の一つを選び、早速訪問客と私の間の卓の上に置く。そこに置くのには少し大き過ぎれば、脇に場所を仮りに設けて、雰囲気を作る。するとそこに、花と人間とが長い間続けてきた歴史が見えてくる。
 好意が新しい舞台をしつらえる。仮令(もし)一匹の蝶が、開け放った窓から舞い込んで来て、その花の一つにとまるというような演技を見せて呉れなくても。

~中略~

 知らない花を見る度に、何とかして名前を知りたいものだと焦るのは、本当は餘りいい習慣ではない。名前を忘れた花を見ると、直ちに苛立ちが起こって、多分顔を顰めている。花はその人の顔を不思議そうに見ている。
 人は自分達の附けた花の名称の波を泳ぎ廻ろうとして、溺れそうになっている。

「野生の花」 文:串田孫一 絵:荒谷由美子 アトリエ風信刊 より

花を忠実に丁寧に写生することにより、(例えばドクダミであっても)「美しさがよく判り出し、匂いも大袈裟にいやがるようなことがなくなった。これによって得た教訓は大きかった」と書かれているが、もちろん素人の写真撮影の対象としても、花は魅力的である。
たとえ道端に咲いているありふれた雑草のような花でも、レンズを通してじっくり見ると、そして好みのアングルで切り取ってみると、やはりどれもこれもキレイだからね。
でも、こんな風に書かれているのを読むと、思わず絵を描く趣味を持つ人のことが羨ましくなってしまいますな。

 写真には恐らく別の教訓があるに違いない。然し描くことは時間を忘れての花との附合いがあり、想いの交換があり、それを基盤にした悦びがある。

「野生の花」 文:串田孫一 絵:荒谷由美子 アトリエ風信刊 より

ところで、ちょっと調べてみた範囲では、どうもこの画文集「野生の花」は、すでに絶版のようだ。
絵も文章も、とても美しい本なのに残念です。

  • 2009年4月11日 21:21
  • Posted by: かえる

Comments:6

Jacqueline 2009年5月13日 03:25

はじめまして。
ネットサーフィンをしていたら、たまたまここの旧サイトにめぐり合い、
本の趣味などに共感し、嬉しくなって思わずコメントしてしまいました。
これからちょこちょこ訪問したいと思います。
よろしくお願いします。

かえる Author Profile Page 2009年5月13日 08:14

Jacquelineさん

はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
ネットサーフィンなどをしていて、趣味で共感出来ることがあると、思わず嬉しくなりますよね。
もともとは愛犬の話題が中心の日記だったので、このブログで取り上げるのは犬に関する本が中心となっているのですが、ぼくにとって読書自体は日常的な趣味です。オススメの本や作家などありましたら、ぜひご紹介くださいませ。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アトリエ風信 2009年8月28日 21:55

今日、初めて、記事を書いていただいたことに気づきました。この本は、夫が、串田孫一先生を大変尊敬しており出版したものです。気に入ってくださり、本当にうれしく思います。
編集者を経て、今は、長年好きに集めてきた本を元にささやかなブックカフェ「風信」を開いています。HPをご覧いただければ幸いです。
夫はパソコンをまったく触りませんので、代わりに投稿させていただきました。ありがとうございました。

かえる Author Profile Page 2009年8月29日 01:34

アトリエ風信さん

はじめまして。
この素敵な本をお作りになった方の奥様から直接コメントをいただけるなんて、感激です。ありがとうございます
考えてみれば、古本を購入しても、著者にも出版社にも何ら経済的には還元されないので、なんだか申し訳ないような気がするのですが、古書店で手に取った本に一目惚れする瞬間というのは、特別に嬉しい気持ちになるものです。神保町の一角で、この本に出会えたことは、とてもラッキーだったと思っています。
恥ずかしながら、ぼくが串田孫一先生の本を読み始めたのは、ほんの数年前のことなのですが、2007年に出版された「アルプ」の追悼特集号も購入し、そちらのリストも参考にしながら今は膨大な著作を少しずつ集めているところです。ご存命中の先生と直接お仕事をされていたなんて、ホントに羨ましい限りです。
ブックカフェ「風信」、ぜひ機会を見つけて「南アルプスの伏流水で淹れた珈琲」をいただきにうかがいたいと思います。
HP・ブログには、のちほどゆっくりお邪魔させていただきますね。

ブックカフェ風信 2009年8月30日 11:42

早速、当店のHPとブログを開いていただき、ありがとうございました。
そちらにも書きましたが、書庫が北杜市の白州町にありまして、甲斐駒や鳳凰三山、八ヶ岳などいつも見上げています。かえる様の山の写真や山の花の写真など拝見し、本当に素晴らしいので感心しました。
まったく無口な人で何を思っているのかサッパリ分からないのですが、夫が書くものを私がアップしながらふーん、こんなことを考えているんだなどと思っている次第です。
いつの日か、ご来店もお待ちしております。
どうぞ、これから、よろしくお願いいたします。

かえる Author Profile Page 2009年8月30日 19:24

ブックカフェ風信さん

白州に書庫ですか.....ウラヤマシィ。。。
南アルプスの山々で濾過されたあの辺りの水はホントに美味しいですよね。鳳凰三山から早川尾根を歩いたときに、山小屋で飲んだまさに南アルプス天然水はサイコーでした。
我が家は野辺山の近くでキャンプをすることが多く、せっかくだから白州まで足を伸ばしてサントリーの工場にも行きたいといつも思っているのですが、残念ながら未だに未体験です。
フォトアルバムまで見て下さって、ありがとうございます。嬉しいです。

ブログの文章自体は、ご主人が書かれているのですね。
ぼくもあまり積極的に話をするタイプではないので、妻はブログを読んで「ああ、そうだったの」と意外に思うこともよくあるようですよ。
嬉しいご縁ですし、お店にはそのうちに必ずお邪魔したいと思っています。
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Comment Form

Home > アレコレつぶやき > | > | 独り言あるいは自分用メモ > 串田孫一の美しい言葉、あるいはボタニカルアート画文集「野生の花」

リンク集
フィード購読

Return to page top