Home > アレコレつぶやき > | 映画 > | 音楽 > 死ぬまでにしたい10のこと

死ぬまでにしたい10のこと

51nb38QfjsL._SS500_.jpg

愛おしく静かな映画。
あなたは?と問いかけられ、自分だったら...と立ち止まる物語。

梢の合間から見える空のカットに、ブロッサム・ディアリーの「Try Your Wings」が流れ始めるシーンは、あまりに効果的で泣けてきた。
とにかく、音楽がどれもこれも素晴らし過ぎるのに(主人公の鼻歌さえも...)、国内盤のサントラは発売されていないようだ。

「お姉さん いい選曲ね」
「好きか?」
「ステキ」
「ブロッサム・ディアリーだ」
「どんな人?」
「ブロッサム・ディアリーは最高さ。83歳の今も歌ってる」
「83歳?」
「NYのウェストサイドの小さなバーで歌ってる。彼女は小さなかわいらしい声で歌う。体つきも小さくて 人柄もかわいい」
「83歳?」
「ああ 83歳だ。今度 連れて行くよ」

「死ぬまでにしたい10のこと」字幕:古田由紀子 より

「死ぬまでにしたい10のこと」DVD

「My Life Without Me」 Official Site

  • 2009年5月23日 02:28
  • Posted by: かえる

Comments:6

あゆむ 2009年5月25日 05:42

ブロッサム・ディアリーは「トゥルーへの手紙」で触れたのみですが、かえるさんはマンハッタンの小さな店でライブを聴いた貴重な思い出があるんですよね。

わたしは目下、79歳になるクリント・イーストウッドが老いてますます演出が冴えていることに驚き喜んでいます。

かえる 2009年5月25日 22:12

あゆむさん

はい、ブロッサム・ディアリーを知っている人には必ず自慢することにしている嬉しい思い出でございます。

彼女の曲って、けっこう色々な映画で使われていて、遭遇する度に嬉しくなるのですが、中でも「トゥルーへの手紙」とこの「死ぬまでにしたい10のこと」ではとても重要なシーンで流れるので、強く印象に残る気がします。
ちなみに、この映画で使われている「Try Your Wings」は「トゥルーへの手紙」の蝶のシーンで流れている曲です。

クリント・イーストウッド、もう79歳なんですね。
新作は誰に聞いても評判がいいので、ぼくも観に行きたいと思っています。

kaiママ 2009年5月25日 22:44

「死ぬまでにしたい10のこと」 本当は原題の方がいいなと思うのですが。。。とても印象に残る映画でした。誰でもこの映画を見たら、自分にとっての死ぬ前にしたいことを考え数えてしまうのではないかしら。
いつかは訪れる死ですが、私はある日突然ではなくこの映画の主人公のようにしっかり準備して死ねればいいなと思っています。でもね、kaiパパはある日突然がいいと言っておりました。
神様はその願いを叶えてくれるのかもしれませんね。
なんて、重いテーマですが、今は私達は生きているのであれこれと考え巡らせてしまいますね。
かえるさんの言われるとおり、愛おしいと感じられる映画でした。
生きてるって、きっと愛おしいのですよね。

かえる 2009年5月26日 00:10

kaiママさん

「My Life Without Me」、訳すの難しいんじゃないですかね。そのまま直訳だと、いかにもお客さん入らなそうだし。 かといって、英語のままでもちょっとアレだし。
「死ぬまでにしたい10のこと」、ぼくは邦題としてそれほどキライじゃないかな。

自分の人生って、もちろん自分が主人公なわけだけど、日々を暮らしていく中で、家族だったり友人だったり様々な登場人物が現れ、彼らは彼らの人生の主人公であると同時に、「私」と何かしらの関わりを持ったことにより、「私」の人生を構成する要素として、たとえ「私」がいなくなっても、私の人生の中で(そして彼らの人生の中の「私」も)ずっと生き続けていく。そして、「私」は私の人生の中で彼らを愛し、彼らの人生に対し精一杯に責任を果たしたいと願う。
しかし同時に、そういった愛情や後悔やその他のものに満ちた人生のしがらみをすべて忘れて、もう一度だけ純粋に誰かと恋をして、まっさらな「私」として愛されてみたい。今とは違う別の人生を生きてみたい。
この思いを、愛おしいと言わずに何と言おう?、という感じですな。

ちなみに、英国盤のサントラが数日中に届くはずなので、音楽聴きながら余韻に浸りたいと思っています。

さゆ 2009年5月29日 00:59

学生時代に見ましたが、いい映画ですよね。
愛とは?人生とは?
そもそも、自分とは??
自分だったら・・・
私の答はどこに・・・と考えざるを得ない。
今見たらまた違った視点で見ることができるようなきがします。

グラン・トリノ
私の周りでも大評判です。
是非みたい一本ですね。

かえる 2009年5月29日 23:02

さゆさん

そうですか、この映画が公開された当時はさゆさんは学生でしたか。。。
ちなみに、確かぼくが学生の頃は、クリント・イーストウッドはまだダーティハリーやってたような.........ハァ。

え~っと、むなしくなる話はともかくとして、お若いながらも2児の母となった今、さゆさんがこの映画を見直したら、当時とはまったく異なる視点で接することになるのは確実のような気がします。
「死ぬまでにしたい10のこと」リストの最初の一行に、切ない気持ちでウンウンうなずいちゃうんじゃないかな。
映画関係のプロ、という視点も加わるだろうし。

Comment Form

Home > アレコレつぶやき > | 映画 > | 音楽 > 死ぬまでにしたい10のこと

リンク集
フィード購読

Return to page top