Home > お出かけ・外遊び > | トレッキング > 雨池は今日も雨だった - 北八ッ池巡りトレッキング

雨池は今日も雨だった - 北八ッ池巡りトレッキング

20090802-001.jpg

2006年は南八ヶ岳2007年は鳳凰三山~早川尾根、そして昨年は白根三山
ここ数年、一人で高山帯を縦走することが夏のお楽しみとなっている。

今年は、自分史上初となる北アルプスを、少し長めにテント泊トレッキングする予定であった。しかし、天気が不安定なこと及びその他諸事情により、結局この計画は秋に延期することに決めた。
がしか~し、どこにも行かないっていうのもね~......、なんか口惜しいじゃないですか。
そこで、ワタクシ急遽考えました。まぁ、いつもの通り、たいした考えじゃないのだが。

この週末は、相変わらず曇り時々雨の予報。おそらく山沿いは、ほとんど雨になるだろう。であればですよ、あえて雨を楽しむ山歩きというのも、これはなんちゅうか、オトナの余裕とでも申しましょうか。オツなもんじゃございませんか。
山頂で展望が得られないというのは、誰がなんと言ってもぼくとしては許せない気分であるし、安全確保の最重要ポイントは天候だろう。そこで、山行ではつねに好天へと向かうタイミングを読んで出掛けることにしているし、今まではほぼ期待通りの結果を得ることが出来ている。そんなわけで、ひたすら雨の中を歩くという経験は、ほとんどしたことがない。しかし、3泊を超えるトレッキングともなれば、そうそう連日天気が安定するわけでもないだろう。
それに、鳳凰三山で体験した、霧雨に煙る樹林帯の鮮烈な美しさの記憶もある。
梅雨明け宣言した責任者出てこい~!!!とちゃぶ台ひっくり返したい気分の今日この頃、この機会に雨の山歩きを経験しておくのも、大人ハイカーならではの実にお洒落な計画であろう(なワケないか....)。
もっとも、雨の登山道をただ歩くだけでは、宗教的な修行か体育会系のシゴキのようである。宗教的な修行にも体育会系的な諸々にも、一生関わり合いになりたくない!と考えているワタクシ。
そこで、突然ヒラメキました。まぁ、例によって、たいしたヒラメキではないのだが。

雨の北八ッ、樹林帯の中に点在する池を静かに巡り歩く文学的(??)トレッキング~!!!
大好きな八ヶ岳だが、麦草峠以北は、まだ歩いたことないしな。
コレだ、コレ!!!
決定~~~~!!!

てなワケで、行ってまいりました、北八ッ池巡りトレッキング。
麦草峠~茶水池~茶臼山~縞枯山~七ツ池~北横岳~亀甲池双子池~双子池ヒュッテ(泊)~雨池~麦草峠
茶臼・縞枯縦走後の北横岳から亀甲池の下りが想像以上にキツくて、不本意ながら初日終盤は根性を頼りにひたすら歩くというやや体育会系的な展開となってしまったが、小屋に着いた途端にもの凄い土砂降りに襲われ、あっさりとテント泊をやめて小屋泊まり食事付き(サービスで個室!!!ラッキー!!!)に変更するという軟弱な姿勢をもって、なんとか文化部系としての面目を保った(???)次第である。

誰もいない雨の雨池。
ちょっとステキでしたよ。
暗闇の中で翡翠のように輝くヒカリゴケも、ね。

雨池は今日も雨だった - 北八ッ池巡りトレッキング ・ リポート

  • 2009年8月 2日 18:47
  • Posted by: かえる

Comments:8

michiyo 2009年8月 3日 22:29

ヒカリゴケ見たいです
レポート楽しみにしています
山小屋にも個室ってあるんですね
女性の登山客には良いですよね

goopee 2009年8月 3日 23:09

またまた楽しそうなことしてますね~♪
雨の中、池をめぐる山歩きって、大人のトレッキングって感じで・・・。
レポが楽しみです!!!(*^^*)

かえる Author Profile Page 2009年8月 4日 00:23

michiyoさん

急勾配をフウフウ言いながら登ったり下ったりしているときに、路傍の樹の根の空洞や積み重なった岩の奥で光るエメラルドグリーンの美しさにずいぶんと救われました。たぶんヒカリゴケなんだと思うけど、とてもキレイでしたよ。三脚立てたりは面倒だったので、写真ではイマイチ美しさが伝わらないかもしれませんが...
八ヶ岳には、個室のある山小屋が比較的多い気がします。今回お世話になった双子池ヒュッテの個室は、すごく快適で窓からの眺めも良く、旅館並みにリラックスできましたよ。
「今日は空いてるから、個室使ってイイよ」という展開は、けっこうどこの山小屋でもあるみたいですが、夏の週末ということを考えると、とてもラッキーでした。
リポート、完成までちょっと時間をいただくかもしれませんが、ご覧いただけたら幸いです。

かえる Author Profile Page 2009年8月 4日 00:38

goopeeさん

初めての南アルプスで、初日は霧の中を歩くことになってしまったのですが、それがビックリするくらい幻想的で素敵な体験だったのです。それ以来、梅雨時に歩くのもいいかもなぁ、なんて思っていたのですよ。
森林限界上の稜線では勘弁願いたいですが、樹林帯の中だと多少の雨はほとんど気になりませんからね。
それに、北八ヶ岳の池って、何となく雨が似合いそうな気もするし。
もっとも、実際には今回のトレッキングでは、大部分の時間は明るい曇り空だったんですけどね。

それはそうとして、せっかく本沢温泉まで歩いたのならば、ちゅらくんに見張り番させて、goopeeさんも思い切ってザッブ~ンといかなきゃ~....!!!

kaiママ 2009年8月 4日 20:12

雨を楽しみながら歩くと言う余裕までは、なかなか持てなかったりするのですが、確かに北八ヶ岳は雨が似合いますね。
何日間か山に入れば、絶対雨には遭遇しますし、それもまた楽しい思い出になります。
リポート楽しみにしています。

かえる Author Profile Page 2009年8月 5日 02:47

kaiママさん

雨そのものというより、霧や雨の日の樹林帯って、それほど不快なものじゃない気がします。特に、雨が上がって陽が差した時の感じって、すごくイイものです。
まぁ、この週末は好天が期待出来そうにもなかったので、出掛けるのであれば、雨を楽しむプランを立てざるを得ないという事情もありましたが。
それと、今まで使っていた大型ザックがかなり大きめなので、夏のテント泊用に新しい製品をしばらく前に購入しておいたのですが、このザックの素材が雨に強いという評判で、「ザックカバーが必要ない」と宣伝文句に謳われていたりもして、ホントかどうかちょっとテストしてみたかったんですよね。

橋本 2011年7月 6日 19:02

はじめまして、MACPAC Cascade 65が欲しくて色々検索しておりましたらこちらに辿りつきました。実際使っている方のページが無いので質問させていただきたのですが、雨の浸透は全然ないですか?それと公式ホームページを見ると「素材の特性上、濡れた状態や摩擦などにより色落ち、色移りする場合があります」とありますが、ハードシェル等(上着)に色移りはありますか?すみませんがよろしくお願いいたします。

かえる Author Profile Page 2011年7月 9日 10:37

橋本様

はじめまして。
雨については、まったく浸透しないということはないと思います。通常の雨であれば、生地が雨を通すことはあまりないでしょうが、縫い目や隙間などから内部に水が入る可能性は、どのザックでもあると思います。
これはザックカバーをしていても同じですが、本当に濡らしたくないモノは、ビニール袋に入れたり防水性の高い袋に入れておいた方が安心です。
色移りはどうでしょ?多少あるかもしれませんが、ぼくは特に気になりませんでした。

Comment Form

Home > お出かけ・外遊び > | トレッキング > 雨池は今日も雨だった - 北八ッ池巡りトレッキング

リンク集
フィード購読

Return to page top