Home > アレコレつぶやき > | トレッキング > | 写真 > | 旅行 > | 犬連れトレッキング > | 犬連れ旅行 > 祝入賞!!!の蓼科旅行

祝入賞!!!の蓼科旅行

20091129-001.jpg

内藤の敗因はたぶん入場曲にアリ....とこっそり思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

Romanticはとうの昔に止まっている(?)ワタクシですが、この度、今年ですでに25回目だという由緒ある「八ヶ岳フォトコンテスト」において、茅野市観光連盟会長賞をいただきました。パチパチパチ。
イェイ!、現金5万円+八ヶ岳乳製品詰め合わせゲットォ~~!!!
昨年、生まれて初めて一眼レフを購入した勢いで、カメラ雑誌に載っていたいくつかのコンテストに応募してみたものの、ほぼ全滅.....泣。
それ以来、プリント&郵便代がもったいないので、その手のものからは遠ざかっていたのだが、久しぶりの参戦で見事に入賞を果たすことが出来ました。
よく利用させていただいている八ヶ岳観光協会のサイトで目にしていた、大好きな八ヶ岳(及び蓼科)をテーマとしたフォトコンテストなので、スゴクうれしぃ~!!!
狙った時にはいつも晴れるし、八ヶ岳とはホント相性いいんだよな。

受賞作は、昨年の晩秋に北八ヶ岳をのんびりと歩いた際のもので、主演・監督・撮影=オレ.....!!!
別に応募規定違反ではないと思うのだが、自分がモデルになりリモコンでシャッター切って(ソニーのデジイチにはインターバルタイマー機能がないのだ!怒!)入賞したのは、たぶんワタクシが最初なのではないでしょうか?
ブログで鍛えてきた(??)セルフ撮影のワザがこんなところで成果を上げるとは、世の中何が役に立つかわからんものだ。まぁ、なんの自慢にもなりませんが。。。
ちなみに、この時に撮った写真には、自分でも割と気に入っているものが多い。よい季節によい場所を歩けて、実にラッキーだった。

ともかくそんなわけで、11月29日の日曜日に茅野市文化センターで行われる表彰式のお知らせ及び入賞者代表あいさつのご依頼を主催の茅野市観光連盟事務局からいただき、だったら前乗りしてついでに家族旅行にしてしまおうか....となった次第である。
さらに、予約したペンションでは、+3000円で深夜にチェックインし翌朝朝食付きとなる2泊3食パックがあるということなので、そちらを利用して土曜日は近所の八子ヶ峰をハイキングする計画を立てた。

お世話になったペンション「たると」さんは、ザ・ペンション!という感じで、モーが来て以来いつもキャンプばかりの我々には、なかなか新鮮でした。犬連れOKなのは3部屋のみだが、ビーナスラインペットネット加盟店で、ちょっとしたドッグランもある。
ぼくらが予約した後に奥様に外出の用事が出来てしまいその後の予約受付をストップしたようで、宿泊中はずっと貸し切り状態だった。お一人で忙しいにもかかわらず、ご主人には色々お気遣いいただき、感謝です。

眺望目当ての八子ヶ峰ハイキングは、ガスりまくって、残念ながら適当なところで撤退した。
それにしても、ミドリはすでに13kg近いので、ちょっとした登りでも荷物と共に背負っているとキツイキツイ。ふぅ。

下山後は、白樺湖やら女神湖やら蓼科温泉周辺やら、ビーナスライン沿いをさしたるあてもなくドライブ。
この辺りを走るのは久しぶりだが、ザ・観光地!という感じで、なかなか新鮮でした。

ところで、今回いただいた賞金は、結局そのほとんどを茅野周辺の観光業界に落としてきたことになる。
我ながら、なんと律儀なオトコなのであろう。。。

さて、肝心の八ヶ岳フォトコンテストの表彰式。
遠方の入賞者で出席するのはオレくらいだろうなぁ....と思っていたのだが、豈図らんや、ほとんどの方が参加されていたようだ。
山小屋関係者とかアウトドアショップの方とか、主催者側なのか応募者側なのかよくわからないが、何となく見覚えのあるお顔もちらほら。
常連さんなのだろうか、互いに顔見知りの受賞者も多いようであった。
山ギョーカイ、狭し。。。

審査アドバイザーを務められた武藤プロダクション主宰・山岳映像作家の武藤昭さんや主催の観光連盟・各協会関係の方々、他の受賞者の方なども、表彰式の前後にお声をかけてくださり、なかなか楽しかったです。
また、入賞作は寸評をいただけるのだが、自分なりに気を配ったつもりの「構図」に関して言及していただいていた点が、大変嬉しくまた参考にもなった。
細かい話だが、日常の喧噪を離れ静寂の支配する晩秋の山へ、そしてその奥へと踏み行っていく緊張感と高揚感を表現するため、森の深さと空の高さ、それぞれの色やバランスを最適に配置するには、三脚の位置やカメラの角度だけでなく、トレイルの斜面状況も利用する必要があった。で、その作業を前後の登山者の邪魔にならないようにササッと終えなくてはならないので、実際にトレッキング中にやるとなると、けっこう大変なのです。
ぼくは自分撮り以外では三脚は使わないし、テント担いで縦走しながらパシャパシャ撮る、なんちゃってフォトブロガー・スタイル(?)なので、正統派の山岳写真愛好家のように「頑丈な三脚にカメラを設置して、じっくり検討を重ねてからカメラアングルを決定し、後はただひたすらシャッターチャンスを待つ」というタイプではまったくないが、実は構図にはそれなりにコダワリがあるのだ。
ともかく、自分が手がけた創作物(例えばブログの記事だってそうだ)に対して、肯定否定に関わらず率直なコメントや批評をいただけるというのは、何よりもありがたく嬉しいものである。もちろん、勉強にもなる。

募集が始まる来年秋までまだ間があるので、カメラ片手にまた八ヶ岳のどこかをぷらぷら歩いて、できれば次回も応募してみたいと思います。
それと、今回の入賞で俄然やる気が出てきたので、他のフォトコン情報も集めてみようかな。
2度目のビギナーズラックは果たしてあるのか?!

祝入賞!!!の蓼科旅行 リポート

  • 2009年11月29日 23:30
  • Posted by: かえる

Comments:13

kaiママ 2009年11月30日 23:09

おめでとうございます。
本当に良かったですね。
かえるリポートのファンとしては、なんだか誇らしい気分です。
八ヶ岳の写真は、とりわけ私も大好きで何度も観させていただいていました。
だから、尚更納得です。
これからも、素敵な写真と文章で楽しませてくださいね。

N2K 2009年11月30日 23:32

オメデトーゴザイマス!! ご本人サマが主役だったので、てっきり奥様が撮られたのかと。シャッターを押してからあのポジションに行くまでの様子を想像してみます・・・

shogame1 2009年12月 1日 00:18

おめでとうございます。
北八ヶ岳の湿り気を帯びた、ひんやりした空気感が伝わってくる、
素晴らしい連作でしたね。
「かえる写真」の隠れファンとしては(既に公言してはばかりませんが)
当たり前と言えば当たり前の結果ではありますが、
一言お祝いを述べずにはいられませんでした。
これからも素敵な「かえる写真」を、お願いします。

かえる Author Profile Page 2009年12月 1日 00:31

kaiママさん

ありがとうございます。
今年はちょっと選考の傾向が変わったようで、いわゆる「山岳写真」っぽくないものが多く選ばれていたようです。軟弱派のワタクシとしては、その点もラッキーでした。
八ヶ岳は、山歩きのあらゆる要素と魅力がコンパクトに凝縮された山域なので、被写体としても最適ですね。比較的、気軽に出かけられますし。


N2Kさん

アリガトウゴザイマス。
普段のセルフ撮影では、リコーのコンパクトデジタルカメラを使っており、それにはインターバルタイマーという便利な機能が備わっています。指定の秒数毎に、自動でずっとシャッターを切り続けてくれるというものです。
ですから、かなり遠くを歩く自分なども撮れるのですが、この時は使いたい画角の都合で、上記機能のないソニーのデジタル一眼レフで撮影を行いました。通常のタイマー機能を使って自分撮りを行うのはかなり難しいので(場所によっては危険だし)、付属のリモコンでシャッターを切ることにしています。リモコンのボタンを押してから2秒後にシャッターが下りるようにしていますので、リモコン操作後急いで前を向く、という案配です。期待を裏切るようで申し訳ないが、シャッター押してから急いであのポジションまで走っていったワケではないのだ。
でも、あのくらいの距離が、信号の届く限界なので、けっこう大変でしたよ。

かえる Author Profile Page 2009年12月 1日 00:45

shogame1さん

ありがとうございます。
この時は、晩秋から初冬まで一気に味わえた素晴らしい山行となりました。
セオリー無視の「かえる写真」、これからも撮り続けていきたいと思います。
プロではないので、基本的には自己満足さえ出来ればそれでいいワケですからね。ましてやその上に、気に入っていただける方がいたりすれば、これ以上の喜びはありません。
もっとも制約の少ない発表の場は当ブログなので、今後ともどうぞ見守ってやってくださいませ。

miyuki 2009年12月 1日 00:59

受賞おめでとうございます。
今回受賞された写真を、確か昨年ブログで見て「いいな~」と思ったことを覚えておりました。
かえるさんの山歩きの写真は本当に「いいな~」と思える写真が多くて大好きです。

こちらは全く上達しないコンデジ派なので、参考にしたいと思っても実力が伴わず残念です。

受賞作はソニーのデジタル一眼レフで撮影されたとのことですが
普段はリコーのコンデジもお使いなんですね。もしかしてGRシリーズ?
リコー愛用者としては、ブログのどの写真がコンデジで撮影されたものか、ちょっと知りたかったりします。

これからも写真、楽しみにしていますね。

かえる Author Profile Page 2009年12月 1日 08:01

miyukiさん

ありがとうございます。
デジタル一眼レフを購入した直後、たまたま手元にあったカメラ雑誌に載っているフォトコンテストにいくつか応募してみたのですが、ほとんどかすりもしませんでした。。。やっぱ世の中そんな甘いモンじゃないのね....としばらく控えることにしたのですが、昨年秋のこの写真はけっこう気に入っていたので、その時から「来年の八ヶ岳フォトコンテストに応募してみようかな」と目論んでおりました。希望すれば作品は返却してもらえるので、自室に飾ってもいいですし。四つ切りサイズにプリントする事なんて、こういう機会じゃないとあり得ないですからね。
リコーのコンデジはぼくも大好きで、ブログや山歩きの写真でも未だに使っていますよ。レンズの豊富さ、高感度耐性やAFのスピード、被写界深度をコントロールした描写など、一眼レフならではの強みはありますが、胸ポケットに入るという一点だけをもってしても、カメラとして一眼レフに勝る魅力がコンデジにはあると個人的に思っています。もともと、部屋の中でもブレずに撮りたいとの思いから購入したので、もし子供が生まれていなかったら、ぼくは一眼レフを手にしていなかったかもしれません。
コンデジで撮ったものは、ほとんどの場合アスペクト比を4:3にしているので、注意して見ていただくとわかりやすいと思います。一眼レフの写真より、やや正方形に近いイメージです。例えば、この記事の写真もコンデジですし、北八ッの写真では32枚目がそうです。
ぼくの使っているのはGX100という超広角ズームのモデルです。当時と違いメインは一眼レフになってきたので、今ではサブ機は単焦点で問題ないため、評判のよいGRD-IIIもスゴク欲しいと思ってはいるんですけどね。

しずくパパ 2009年12月 1日 10:42

内藤の敗因はたぶん入場曲にアリ・・・分かる気がします(笑)

入賞おめでとうございます!!! すげ~~!!
益々写真が楽しくなりますね!


chamy 2009年12月 1日 15:11

おめでとうございます!
常々、かえるさんの写真は只者ではないと思っておりましたが。。。

ビブリでご一緒したときに、色々写真について聞こうと思っていたのですが聞きそびれました。
僕は写真の「写」も知らないで、ただただ取っているだけなので、今度お会いしたときはぜひ!教えてください。本気です!!

さゆ 2009年12月 1日 22:50

すごい!!おめでとうございます!!
なんだか、以前にも増してステキな写真がアップされているように感じられました。

みーたんも、普段から子供らしい自然な表情をたくさん写真におさめてもらえて幸せですね~!
うちは、変な写真ばかり残っています。。。。
自慢のパパですね♪

かえる Author Profile Page 2009年12月 1日 23:59

しずくパパさん

学生の頃、結婚式場で音響・照明の演出のアルバイトをしていたのですが、入退場などの選曲で「そ、それはちょっとどうなんでしょ....」と気になって仕方がないことが時々ありました。いやまぁ、何か特別な思い出とか考えがあるんでしょうから、他人がとやかく言うことではないのはわかってるんですけどね。でも、キャンドルサービスで、恋人に別れをつげる歌詞の曲とかを選んでいる場面に接すると、「な、長持ちするんだろうかこの夫婦....」とちょっと心配になっちゃったりするものなのです。
例えば、人を小馬鹿にしたような表情でヘラヘラしながらあの曲で入場していたら、なんか不気味な迫力があってよかったようにも思うのですが、ミョーに気合い十分な感じだったじゃないですか、内藤さん。そのビミョーなミスマッチ具合が、以前ある結婚式で目の当たりにして衝撃を受けた、新婦退場の時にマル・ウォルドロンの「レフト・アローン」を選曲した新郎に通ずるものがあって、余計なお世話ですが試合中も気になって仕方がなかったという次第でゴザイマス。
ありがとうございました。


chamyさん

ありがとうございます。
でも、ぼくも技術的なことに詳しいわけではないんですよ。自分の一眼レフを持ったのも、昨年春のことですし。
ただ、エラそうな言い方だし抽象的なことなのでアレですが、シャッターを押す際には「自分が写真に残したいものは何なのか?」みたいなことはよく考えるようにしています。で、その後にソレを実現するための方法論として「どういう構図で、絞りがどうで」みたいなことを検討するわけです。もちろん、実際には理路整然とそういう作業を行っているわけではなく、感覚的に一瞬の判断で進めているのですが。
今はなんでも情報過多なので、本来はただの方法論に過ぎないハウツー的なテクニックが写真撮影のセオリーとしてたくさん流通しています。でも、一番大切なのは、「どう撮るのか」ではなく、「何を(被写体の事じゃなくて、例えば子供を撮る場合に、子供の幼さなのか元気さなのか親を慕う気持ちなのかあるいは自分の子供への愛情なのか、とかそういう意味です)撮るのか、何故撮りたいのか」だと思うんです。
もっとも、実際には普段はそんなことを意識して写真を撮ったりすることは稀だと思うのです。
その点、ブログをやっていると、そういうことを意識しながら撮影する機会が増えるので、けっこう練習になると思いますよ。
例えば、美味しいと思った料理の写真を撮る場合、単なる記録としてではなく、見た方が「美味しそう~」と感じるような写真をアップしたいものですからね。


さゆさん

ありがとうございます。
子供の誕生をきっかけにビデオやカメラを買う人は多いと思うのですが、生まれた直後は意味なく大量に撮るものの、2~3歳を超えると子供の存在が当たり前になってしまうので、意外とカメラを向けなくなっちゃうんですよね。ホントは、今くらいが一番表情も豊かで被写体として魅力的だと思うんですけどもね。
それにしても、ユズキは動きが速すぎて、なかなか上手く撮れませんです。。。

カレンまま 2009年12月23日 08:58

いつもいいお写真ばかりですからこうゆうことがあると思っていました。
受賞おめでとうございます。
これかrも素敵なお写真楽しみにしております。

かえる Author Profile Page 2009年12月23日 09:35

カレンままさん

ありがとうございます。
たかが写真されど写真、とでも言いましょうか、今やシャッターを押しさえすれば誰でもキレイに撮れる時代になりましたが、やはりなかなか奥深い世界でもあります。何より大切な思い出を目に見える形で残す方法として最良であることは、今でも変わりないように感じています。
ブログに載せるものの多くは家族のスナップなので、本来広く人様にお見せするようなものでもないのですが、自宅に遊びに来て下さった方にアルバムを見ていただくような気持ちでおります。お茶菓子はお出し出来ませんが......
少しでもお楽しみいただけたら幸いです。

Comment Form

Home > アレコレつぶやき > | トレッキング > | 写真 > | 旅行 > | 犬連れトレッキング > | 犬連れ旅行 > 祝入賞!!!の蓼科旅行

リンク集
フィード購読

Return to page top