Home > お買い物あるいはモノ偏愛 > | アレコレつぶやき > | 写真 > ミノルタ AF MACRO 100mm F2.8 NEW

ミノルタ AF MACRO 100mm F2.8 NEW

20110212-001.jpg

ミノルタαレンズを代表すると言っても過言ではない(たぶん)、マクロレンズの名品である。
minolta AF MACRO 100mm F2.8 NEW
例によって中古品を購入。

よく言われるように、フォーカス位置からなめらかなグラデーションで繋がるボケの描写が、なんというかそのαレンズの真骨頂という感じなんだな。
ピントが合っている部分はあくまでもシャープなのだが、そのシャープさはニコンのソレとは明らかにニュアンスが違う。
また、色乗りもよく美しい画を描くのだが、その美しさの定義はおそらくキャノンのソレとは微妙に異なる。
個人的には、もっともαレンズの思想というか美意識というか特徴というか、ともかく目指すところを体現していると感じるレンズだ。ミノルタお得意の円形絞りだしね。

ポートレートに使えないこともないが、ぼくの場合のポートレートは家族のスナップ写真なので、フォーカス速度にちと難がある。
必然的に、花の写真ばかりに使っている。山歩きの際にも、大概はこの大きなレンズ(と言ってもさほど重くはない)をザックに忍ばせている次第。
もっとも、ぼくは自分撮り以外では三脚というものを使わないので、焦点距離100mmだとキビしい場面も多いです。まぁ、多少ぶれても性格的に気にしませんけどね。

もし、無人島に持っていく単焦点レンズを1本だけ選べ、と言われたら50mm f1.4か35mm f1.4を選択すると思うけど、標準ズームレンズともう1本だけ、という話であれば、ぼくはたぶんこのレンズを手にするだろう。
まぁ、だから何?、って話ですけれども。。。

※以下、写真をクリックすると拡大し、画像の右半分(もしくは矢印マーク)をクリックで次の写真に移動します。

  • 20080621b-001.jpg
  • 20080621-002.jpg
  • 20080621-004.jpg
  • 20080621-005.jpg
  • 20080622-006.jpg
  • 20080628-007.jpg
  • 20080928-009.jpg
  • 20081003-008.jpg
  • 20090405-010.jpg
  • 20090621-011.jpg
  • 20090621-012.jpg
  • 20090801-013.jpg
  • 20090801-014.jpg
  • 20090808-015.jpg
  • 20090810-016.jpg
  • 20091223-017.jpg
  • 20100717-018.jpg
  • 20100717-019.jpg
  • 20100919-020.jpg
  • 2011年2月12日 19:07
  • Posted by: かえる

Comments:0

Comment Form

Home > お買い物あるいはモノ偏愛 > | アレコレつぶやき > | 写真 > ミノルタ AF MACRO 100mm F2.8 NEW

リンク集
フィード購読

Return to page top