Home > アレコレつぶやき > | モーフィー > | 独り言あるいは自分用メモ > 大震災

大震災

20110311-001.jpg

仕事中に、尋常じゃない揺れ。
時間的に、たぶんモータンは職場から車でミドリを迎えに行っている途中である。
何もなくても度々車をぶつけてくるわけだから、あれほどの揺れだと何がおこっているかわからない。
仮に事故を起こさなくても、渋滞で到着が遅れた場合、ミドリは幼稚園で不安な時間を過ごすことになるのだから、親としては気が気ではない。
携帯はもちろん、固定電話も通じなかったのだが、何とか1時間後くらいにメールで2人の無事は確認出来た。
たかだか1時間程度でも家族と連絡が取れないと、これほどの不安に怯えるのだから、安否を確認出来ないまま夜を越すことの恐怖は大変なものであろう。被災地の報道に接するまでもなく、胸が痛みます。

さて、モータンとミドリは大丈夫だったが、モーフィーはひとりで留守番中である。
我が家は築40年を超えるボロ借家である上、一帯は元々付近が川だったため、地盤が緩くて有名な地域である。
震源から遠く離れた埼玉とはいえ、本気で倒壊が心配だったのだ。
結果的に、モーは無事だったのだが、これは相当に運が良かったようだ。
やはり揺れは壮絶なものだったらしく、ガラスサッシの鍵が衝撃ではずれて開いてしまい、モーは外に自主避難。
近所の方が気づき、たまたま通りかかった犬友達の方が一緒に保護して、しばらく預かっていてくれたのである。
タイミングが悪ければ、外に飛び出した時に車に轢かれていてもおかしくない状況だったのだ。
助けてくださった方、ありがとうございました。

おかげさまで、モーも無事だったようだが、自宅は悲惨な状態らしい。
心配だったので、定時に徒歩で帰宅することにした。
中目黒→浦和、何キロあるんだろ?
とにかく、途中レストランでの食事時間も入れて、6時間程度はかかりました。
山道と違い平坦なので、体力的には楽なのだが、さすがに戸田橋を越える頃にはウンザリしてきた。
もっとも、一度実際に経験してみたことの意味は小さくなかったように思います。

CDと本が散乱し、あちこちの壁が損傷した自宅の様子には泣けてきたぜ。
建物的なダメージも大きいので、少なくても一時的には、引っ越すことになるかもしれない。
もっとも、比べものにならないくらい深刻な被害を受けている方が大勢いることを考えると、家族が全員無事でいることだけでも感謝しなければいけないのだろう。

1人でも多くの方の救助の成功と、連鎖的に大きな地震が続かないことを祈ります。

  • 2011年3月13日 23:19
  • Posted by: かえる

Comments:2

N2K 2011年3月16日 01:07

みなさんご無事でなによりです。私は今日やっと家族を説得していわきから脱出させました。一安心です。

かえる Author Profile Page 2011年3月16日 10:05

N2Kさん

当面の間、いわき脱出はやむを得ないですね。
ともかく、ご両親と犬達諸々、ご無事で何よりです。

Comment Form

Home > アレコレつぶやき > | モーフィー > | 独り言あるいは自分用メモ > 大震災

リンク集
フィード購読

Return to page top