Home > アレコレつぶやき > | > | 独り言あるいは自分用メモ > 峠にたつとき

峠にたつとき

峠は決定をしいるところだ。
峠には決別のためのあかるい憂愁がながれている。
峠路をのぼりつめたものは
のしかかってくる天碧に身をさらし
やがてそれを背にする。
風景はそこで綴じあっているが
ひとつをうしなうことなしに
別個の風景にははいってゆけない。
大きな喪失にたえてのみ
あたらしい世界がひらける。

「峠」 真壁仁

有名なこの詩は、いつどこで目にしても深く心に沁みますなあ。

峠にたつとき

すぎ来しみちはなつかしく
ひらけくるみちはたのしい。
みちはこたえない。
みちはかぎりなくさそうばかりだ。
峠のうえの空はあこがれのようにあまい。

「峠」 真壁仁

とりあえず本棚に積み重ねたままで未だに片付けていない書籍の束から何気なく手にして、しばらくフムフムと感じ入ってしまった、今日この頃。

たとえ行手がきまっていても
ひとはそこで
ひとつの世界にわかれねばならぬ。
そのおもいをうずめるため
たびびとはゆっくり小便をしたり
摘みくさをしたり
たばこをくゆらしたりして
見えるかぎりの風景を眼におさめる。

「峠」 真壁仁
  • 2011年6月26日 23:02
  • Posted by: かえる

Comments:0

Comment Form

Home > アレコレつぶやき > | > | 独り言あるいは自分用メモ > 峠にたつとき

リンク集
フィード購読

Return to page top