Home > アレコレつぶやき > | > 勇気、こそがすべて - 55歳からのハローライフ

勇気、こそがすべて - 55歳からのハローライフ

51bTlbz7usL._SL500_AA300_.jpg

数週間前に引っ越しをしたのだが、本(とCD・レコード)が詰まった段ボールの山に唖然としてしまった。
ああ、昔はこんなに本を読んでいたのだなぁ、と。

3年ほど前にスマホに替え、何となく通勤時間の暇つぶしに困らなくなり、ちょうど時を同じくして職場が変わって忙しくなったことから、あれほど習慣化していた読書からいつの間にか遠ざかってしまっていた。
もちろん、いわゆる電子書籍も購入するのだが(キンドルのアプリはなかなかの優れものデス!)、なんというかやっぱり夢中で本を読む感覚ではなくなっていたのですよね。

でも、やっぱりさあ、本はイイよね。
心だけでも、いつでも旅に出られるから。
と、改めて思った今日この頃なのです。

てなわけで、本日読了したのは相変わらずの村上龍の「55歳からのハローライフ」。
いやぁ、泣けました。。。
特に「ペットロス」とか「空を飛ぶ夢をもう一度」とか「トラベルヘルパー」とか。 人間何歳になっても、ずっといつまでも、大切なのは、ほんのちょっとした勇気だよな、やっぱり。
どんなにちっぽけでも、誰にバカにされても、ソレさえあれば大丈夫だよ。
思えば、勇気を持った決断の末の行動で、失敗したことは、少なくても後悔したことは、ぼくにしたってただの一度もないもんな。

なんてことを感じた今日この頃なのです。。。

「55歳からのハローライフ」村上龍

  • 2012年12月19日 23:55
  • Posted by: かえる

Comments:0

Comment Form

Home > アレコレつぶやき > | > 勇気、こそがすべて - 55歳からのハローライフ

リンク集
フィード購読

Return to page top