Home > お買い物あるいはモノ偏愛 > | アレコレつぶやき > | 音楽 > アナログレコードの毎日

アナログレコードの毎日

20130323-001.jpg

子供の頃に夢中だった歌謡曲や映画のサントラ盤、世界に誇る?日本のガラパゴス文化・わが青春のニューミュージック、そして20代の頃に「やっぱホーンはCDよりアナログディスクの方が音がイイ!」とか何とか根拠のない気分で買いまくったジャズ。
よくディノスとかで売っているこういうヤツの2列4段にはアナログレコードがぎっしり詰まっているのです。

が、しかし、借家時代から今に至るまで、大型犬のいる我が家の大前提は1階にリビングがあること。そして、テレビやオーディオはそのリビングルームに設置している。
妻のブーイングを受けながらも、CDラックはリビング周辺に場所取りしたものの、レコードラックや本棚は2階の自室、レコード聴くにはいちいち2階から持ってこなきゃならないのだ。で、これが結構面倒で、ここ数年ほとんどアナログは聴く機会がなかったという次第。

ところが、昨年引っ越して、リビングのスペースに余裕が出来た。こ、これはレコード棚を設置するチャンス! 背面は窓なのであまり背の高いモノにはしたくないし、ミドリも一部の絵本を手元に置きたいと言う。どうせ全部のレコードを収納するのは無理なので、上段はよく聴くレコード、下段は絵本という感じかな。
ということで、あれこれ物色したところ、無印良品の組み合わせて使える木製収納・ロータイプ木製収納用マガジンホルダーがそこそこリーズナブルで魅力的。
でも、マガジンホルダーを使用した時の内寸が不明で、ちゃんとレコードが収納できるのかイマイチ不安でした。そこで、お客様相談室的なところに問い合わせたところ「大丈夫です」との返答でした。

がしかーし、実際に届いた商品を組み立ててみると、なんとほんの数センチ高さが足りず、マガジンホルダーをつけるとレコードの収納ができなかったのです。。。泣。
返品も可能なのだが、今さらそれもメンドクサイ。
仕方なく、上段はマガジンホルダーを装着せずに対応することにしました。
まっ、いいか。。。

というわけで、めでたくアナログレコードを聴きまくっている毎日なのです。
それにしても、あの片面20数分って言う長さは、絶妙ですね。

  • 2013年3月30日 21:39
  • Posted by: かえる

Comments:0

Comment Form

Home > お買い物あるいはモノ偏愛 > | アレコレつぶやき > | 音楽 > アナログレコードの毎日

リンク集
フィード購読

Return to page top