Home > 美味しいもの > 喫茶・菓子 Archive

喫茶・菓子 Archive

久しぶりのグルメバーガー、cafe easyland

20120115-001.jpg

久しぶりにドッグランに行く前に、突然思い立ち、「行田のバグダッドカフェ」と勝手に名付け、その味と雰囲気が非常にお気に入りだった「カフェ イージーランド」まで、車を走らせた。

と、ところが.....お店についたところ、営業している気配がない。。。
たまたま駐車場にいた方(後で聞いた話からすると、同じ場所でこれからカフェを始める方だったようだ)にうかがったところ、車で10分程度の場所に移転したとのこと。
もちろん、行ってみました。

新しいお店は、以前とは違いビルの1階。
手作り感あふれる暖かみのある内装はそのままだが、心なしか雰囲気はちょっと変化しているように感じました。
なんというのかなぁ、都会的なオシャレなカフェという風情。

もちろん、味(とそれに見合ったお値段)の贅沢さは以前のままです。
ミドリも一人でほとんど平らげました。
それから、ハンバーガーも最高ですが、こちらのエスプレッソコーヒーは本当に美味しいですよ。

「cafe easyland」

  • 2012年1月15日 21:49
  • Posted by: かえる

cafe nofuで父娘ランチ

20100731-001.jpg

北浦和にわりと最近オープンしたというカフェ、「cafe nofu」にミドリと二人で行ってきた。
しばらく前に、「クークーバード」さんで教えてもらっていたのだ。

古い建物の良さを活かした店舗1Fでは雑貨の販売も行い、いわゆる「カフェめし」も充実した美味しさ。
北浦和駅周辺には、なんちゅ~かその、オシャレ女子が好みそうな、ソレ風のカフェ(とか雑貨店)がそこそこある。
まぁどちらかというと男子っぽいが、東口にはかの「マチェック」もあるしな~。
その点、浦和駅周辺は、未だにカフェ不毛地帯なんだよな.......

それはともかく....
こぢんまりとした2Fのカフェスペースには、若い女性の個人客が数名。
いかにも、静かに「休日のカフェ巡り」を楽しんでる風である。
くたびれたオッサンと3歳児のペアが、お洒落な雰囲気をぶちこわしにするのはまことに申し訳ないが、こちらにはこちらの事情というものがある。妻が仕事で、今日は夜までミドリの子守なのだ。オッサン達も昼飯ぐらいは食べさせてもらおうじゃないか(???)ということで、本日のランチと、ミドリには本人リクエストによりカレーをオーダー。

ココナッツカレーだし、甘めにお願いしておいたので大丈夫かと思ったが、やはりミドリは「カラいよ~」と言うので、結局ぼくの定食と交換。
フーチャンプルーはお口にあったようで、ほぼ完食しておりました。よかったよかった。
さて、アリエッティでも観に行くとするか。

cafe nofu
さいたま市浦和区北浦和4-8-2

※写真をクリックすると拡大し、画像の右半分(もしくは矢印マーク)をクリックで次の写真に移動します。

  • 20100731-001.jpg
  • 20100731-002.jpg
  • 20100731-003.jpg
  • 20100731-004.jpg
  • 20100731-005.jpg
  • 20100731-006.jpg
  • 20100731-007.jpg
  • 2010年7月30日 21:00
  • Posted by: かえる

自家焙煎珈琲サントス

20100628-009.jpg

北浦和、南浦和と違い、浦和駅周辺にはこれといった喫茶店・カフェがほとんど見あたらない。
雰囲気の良さでいえば「やじろべえ」(と「楽風」)くらいかなあ。

こちら「サントス」は、通りから中の様子がまったく窺えないので、今までどんな雰囲気なのかさっぱりわからなかったのだが、のんびりとした空気感の中で本格的な珈琲が楽しめる、なかなか魅力的なお店でした。
本棚に田渕義雄の作品が列んでいた点も、個人的に好印象。

あまりの蒸し暑さに、アイスコーヒーを頼んだのだが、ガムシロップの容器がなぜか電球風だった.....!!!

自家焙煎珈琲サントス
さいたま市浦和区高砂3丁目7-6 武笠ビルⅠ 1F

  • 2010年6月27日 23:12
  • Posted by: かえる

日帰りひとり旅(その1)...?!野毛の「ブックカフェ風信」へ

20100522-001.jpg

乗り換え考えるのメンドクサイから、ひたすら京浜東北線に揺られて、はるばる桜木町まで。
休日の気ままな日帰りひとり旅?である。

目的は、以前「野生の花」という本に関してブログに記したことをきっかけに知った「ブックカフェ風信」さんにお邪魔すること。
店内の雰囲気とか、置かれている本の傾向とか、珈琲やお酒のこだわり具合とか、想像以上に想像どおりで、思わずにんまりとしてしまった。
わざわざ定期的に汲みに行っているという南アルプスの伏流水で淹れた珈琲をいただき、旧版の「バー・ラジオのカクテルブック」と串田孫一「四季の無言歌」を購入。
素敵なお店でした。

それにしても、野毛って魅力的な街ですねえ。
横浜方面にはほとんど出かけないのでよく知らなかったのだが、フラフラと吸い寄せられてしまいそうな居酒屋とかカフェとか定食屋とかバーとか、まさにオレ好みの小さな店が山ほどありました。
住んでる人は、きっと楽しいだろうな。

ブックカフェ風信
横浜市中区野毛町3-142

  • 2010年5月22日 23:48
  • Posted by: かえる

アカシエのケーキ、再び

モータンが用事で午後まで留守にしていたり、ミドリの風邪がまだ治りきっていないこともあって、夕方まで自宅で過ごした。
暗くなってから本屋に出かけたついでに、「PATISSERIE Acacier」へ。

パティスリー・アカシエ。
昨年、検索エンジン経由で(旧)当サイトにお越しいただいたケースで、「MSR パビリオン」や「牛乳パック 椅子」と並び、管理人的に意外という意味では、もっとも目に付いた検索キーワードだった。当方の記事は参考にならない内容で、何だか申し訳なく感じてしまったものです。
ブログに書いた際にはまったく知らなかったのだが、スイーツ(って言うのが最近は正しい作法なのでしょうか?)好きの間ではオープン直後から注目されていた、新鋭(著名?)パティシエのお店らしい。
今では、すっかり全国区の有名店となった(かの「Hanako」のスイーツ特集で表紙を飾った!)ようです。
駅からかなり離れているのに、まったく客足の途絶える気配がない。商品のクオリティはもちろんだが、接客も素晴らしいからですね。
我が家も、度々利用しています。

本日は、「クレムー」「パルファン」「ジョルジュサンク」を購入。
ゲージュツ的なルックスとお味です。
マカロンも買ってくればよかったな~。

それにしても、浦和周辺も、ここ数年でずいぶん新しいお店が増えたみたいだ。
車の中からなので詳しい様子は窺えなかったが、アカシエの並びにある元プロ野球選手(違ったかも..)がマスターだというステーキ・ハンバーグ店の隣にも新しいレストランがオープンしたようだし、県庁付近でも今までなかったケーキ屋(「パティスリー」って言うのが最近は正しい作法なのでしょうか?)さん(たぶん)を見かけた。
今度、じっくり偵察せねば。。。

  • 20090228-002.jpg
  • 20090228-003.jpg
  • 2009年2月28日 21:28
  • Posted by: かえる

Index of all entries

Home > 美味しいもの > 喫茶・菓子 Archive

リンク集
フィード購読

Return to page top