Home > 犬と一緒に > 犬連れ旅行 Archive

犬連れ旅行 Archive

祝!、モーフィー14歳&久しぶりのキャンプ

20170819-20170819-029.jpg

モーフィー、14歳になりました。

免疫力が弱まっているのか、あちこちにイボができたりはしてますが、相変わらず食欲旺盛でまぁまぁ元気な毎日を過ごしています。 最近は、散歩するより家で寝ている方が楽しいみたいですけどね。

そんなこともあり、久しぶりに2泊3日のキャンプ。
ここ数年は、仕事や習い事や学校の行事で、2日以上続けて休みを取れることはほとんどありません。 この3日間も、どうにかこうにか無理をして都合付けた次第。

やっぱり、キャンプでのんびりする時間はいいなあ。
つくづくそう感じた夏休みとなりました。

  • 2017年8月20日 23:38
  • Posted by: かえる

祝モーちゃん13歳!、3泊4日飛騨への犬連れ旅行

20160820-001.jpg

モーフィー13歳、すっかりおばあちゃん犬になりましたが、まだまだ元気です!
足腰は弱ったものの、食欲だけは3歳児並み。。。

最近は、車に乗るのもあまり喜ばなくなってしまい、いつまで一緒に旅ができるのやら.......
でもまぁ、せっかくだからということで、無理くり休みを取りまして、飛騨地方へ行って参りました。

下呂に1泊、高山で2泊。
車が白煙吐いてトラブったり色々ありましたが、楽しく思い出深い4日間でした!
モーちゃん、目指せ20歳!!!

  • 2016年8月23日 23:23
  • Posted by: かえる

ちょっと東伊豆まで

20131223-002.jpg

急に思い立ち、東伊豆・熱川に一泊旅行に行ってきました。
キャンプと違って、旅館泊まりで伊豆くらいの距離だと、ホントに気軽に、ちょっとそこまで...という感じで出かけられるのがよい。

熱川と言えば....のバナナワニ園に立ち寄った後、なんと貸し切り状態だった「楽風雅殿」で宿泊。
翌日は、遊覧船でも乗ろうか?となったものの、城ヶ崎の遊覧船は大型犬はNGということで、村上康成美術館に寄ってから、伊東マリンタウン発の半潜水式海中展望船「はるひら丸」に晴れて犬連れ乗船と相成りました。

まぁこれといった目新しいイベントもなく、ノンビリ過ごした2日間となりました。

※以下、リポート。写真をクリックすると拡大し、画像の右半分(もしくは矢印マーク)をクリックで次の写真に移動します。

  • 20131222-003.jpg
  • 20131222-004.jpg
  • 20131222-005.jpg
  • 20131222-006.jpg
  • 20131222-007.jpg
  • 20131222-008.jpg
  • 20131222-009.jpg
  • 20131222-010.jpg
  • 20131222-011.jpg
  • 20131222-012.jpg
  • 20131222-013.jpg
  • 20131222-014.jpg
  • 20131222-015.jpg
  • 20131222-016.jpg
  • 20131222-017.jpg
  • 20131222-018.jpg
  • 20131222-019.jpg
  • 20131222-020.jpg
  • 20131222-021.jpg
  • 20131223-022.jpg
  • 20131223-023.jpg
  • 20131223-024.jpg
  • 20131223-025.jpg
  • 20131223-001.jpg
  • 20131223-002.jpg
  • 2013年12月23日 23:36
  • Posted by: かえる

2012年、初ビブリ!!!

20120818-002.jpg

てなわけで、今年初めてビブリに行ってきました。

ホントは、3泊の予定だったのだが、直前にどうしても外せない仕事が入ってしまい、ソレ終わりで夕方に浦和を出発し、1泊目は近辺のペンション泊。
雷雨あり、ビブリらしい青空あり、お友達との再会ありの楽しい2泊3日のキャンプとなりました。

リポート「ビブリな休日」は、またいつか、そのうちに。

  • 2012年8月20日 21:45
  • Posted by: かえる

河津桜にはまだ早かった...ミドリのお誕生日旅行

20120218-001.jpg

これを書いているのはもう東京の桜も咲こうかという3月の下旬なのですが、1ヶ月ほど前にミドリの5歳の誕生日と浦和を離れることになるモータンの母親孝行を兼ねて、伊豆に行ってきました。
ホテルは河津の「ギャラリーコート オファ・アトゥ」
犬連れOKを謳っている宿ではありませんが、室内は基本的にクレートで過ごさせる旨話したら、わりと軽いノリで大型犬でも問題ないとのことになりました。広めの和室とコンパクトな洋室を一部屋ずつ予約し、金曜日の夕方に出発し初日は朝食のみの2泊3日、久しぶりの家族旅行です。

残念ながら有名な河津桜にはちと早すぎたようですが、一緒に貸し切り温泉入ったり、サプライズでハッピーバースデイ・トゥーユーを歌ってお祝いしてもらったり、水族館でイルカのショーに参加!したり、週明けの幼稚園で先生に自慢するほど、ミドリにとってはとても思い出に残る誕生日旅行となったみたいです。
よかったね。

※以下、リポート。写真をクリックすると拡大し、画像の右半分(もしくは矢印マーク)をクリックで次の写真に移動します。

  • 20120217-001.jpg
  • 20120218-002.jpg
  • 20120218-003.jpg
  • 20120218-004.jpg
  • 20120218-005.jpg
  • 20120218-006.jpg
  • 20120218-007.jpg
  • 20120218-008.jpg
  • 20120218-009.jpg
  • 20120218-010.jpg
  • 20120218-011.jpg
  • 20120218-012.jpg
  • 20120218-013.jpg
  • 20120218-014.jpg
  • 20120218-015.jpg
  • 20120218-016.jpg
  • 20120218-017.jpg
  • 20120218-018.jpg
  • 20120218-019.jpg
  • 20120218-020.jpg
  • 20120219-021.jpg
  • 20120219-022.jpg
  • 20120219-023.jpg
  • 20120219-024.jpg
  • 20120219-025.jpg
  • 20120219-026.jpg
  • 2012年2月17日 23:19
  • Posted by: かえる

はじめてのスキー、はじめてのスケート、はじめての団体旅行

20110103-001.jpg

今年のお正月は、モータンの母、妹家族、つまりミドリにとっての祖母、叔母家族と一緒に、富士五湖方面へ団体旅行。
大好きな従姉妹のナルちゃんと一緒の初めてのお泊まり旅行だから、冬休みが始まると、ミドリは指折り数えていた。
もちろん、モーフィーも同行。
計画その他面倒なことをすべてやってくれた妹夫婦が、わざわざ犬連れ可のペンションを予約してくれたのだ。

ミドリにとっては、はじめてのスキー、はじめてのアイススケート、はじめての団体旅行、と初体験づくしである。
みんなが遊園地やゲレンデで遊ぶ間、ぼくは専属カメラマン(含ビデオ)、そして時々モーの子守、と正月早々けっこう忙しかった。
初日は快晴だったし、ずっと車の中で留守番させておくのも気の毒なので、ヤツとは近くの空き地や休業中のドッグラン(自由に入ってイイですよ、と言われた)でサッカーとかしてました。

夕食の席で、ぼくもモータンもビールを飲んでいる姿を見て、「誰が運転するの...?」と真顔で心配していたミドリ。久しぶりの旅行だし、ばあばや親戚もいるから、みんなで泊まっていくというのがイメージ出来なかったのだろう。
天気も良く、なかなかよい旅行となりました。

帰路の渋滞もさほどではなく、浦和に帰ってから、最近お気に入りの「鮨ふく」で打ち上げ、今年の正月休みが終わった。

※以下、リポート。写真をクリックすると拡大し、画像の右半分(もしくは矢印マーク)をクリックで次の写真に移動します。

  • 20110102-002.jpg
  • 20110102-003.jpg
  • 20110102-004.jpg
  • 20110102-005.jpg
  • 20110102-006.jpg
  • 20110103-007.jpg
  • 20110103-001.jpg
  • 20110103-008.jpg
  • 2011年1月 3日 23:51
  • Posted by: かえる

祝入賞!!!の蓼科旅行

20091129-001.jpg

内藤の敗因はたぶん入場曲にアリ....とこっそり思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

Romanticはとうの昔に止まっている(?)ワタクシですが、この度、今年ですでに25回目だという由緒ある「八ヶ岳フォトコンテスト」において、茅野市観光連盟会長賞をいただきました。パチパチパチ。
イェイ!、現金5万円+八ヶ岳乳製品詰め合わせゲットォ~~!!!
昨年、生まれて初めて一眼レフを購入した勢いで、カメラ雑誌に載っていたいくつかのコンテストに応募してみたものの、ほぼ全滅.....泣。
それ以来、プリント&郵便代がもったいないので、その手のものからは遠ざかっていたのだが、久しぶりの参戦で見事に入賞を果たすことが出来ました。
よく利用させていただいている八ヶ岳観光協会のサイトで目にしていた、大好きな八ヶ岳(及び蓼科)をテーマとしたフォトコンテストなので、スゴクうれしぃ~!!!
狙った時にはいつも晴れるし、八ヶ岳とはホント相性いいんだよな。

受賞作は、昨年の晩秋に北八ヶ岳をのんびりと歩いた際のもので、主演・監督・撮影=オレ.....!!!
別に応募規定違反ではないと思うのだが、自分がモデルになりリモコンでシャッター切って(ソニーのデジイチにはインターバルタイマー機能がないのだ!怒!)入賞したのは、たぶんワタクシが最初なのではないでしょうか?
ブログで鍛えてきた(??)セルフ撮影のワザがこんなところで成果を上げるとは、世の中何が役に立つかわからんものだ。まぁ、なんの自慢にもなりませんが。。。
ちなみに、この時に撮った写真には、自分でも割と気に入っているものが多い。よい季節によい場所を歩けて、実にラッキーだった。

ともかくそんなわけで、11月29日の日曜日に茅野市文化センターで行われる表彰式のお知らせ及び入賞者代表あいさつのご依頼を主催の茅野市観光連盟事務局からいただき、だったら前乗りしてついでに家族旅行にしてしまおうか....となった次第である。
さらに、予約したペンションでは、+3000円で深夜にチェックインし翌朝朝食付きとなる2泊3食パックがあるということなので、そちらを利用して土曜日は近所の八子ヶ峰をハイキングする計画を立てた。

お世話になったペンション「たると」さんは、ザ・ペンション!という感じで、モーが来て以来いつもキャンプばかりの我々には、なかなか新鮮でした。犬連れOKなのは3部屋のみだが、ビーナスラインペットネット加盟店で、ちょっとしたドッグランもある。
ぼくらが予約した後に奥様に外出の用事が出来てしまいその後の予約受付をストップしたようで、宿泊中はずっと貸し切り状態だった。お一人で忙しいにもかかわらず、ご主人には色々お気遣いいただき、感謝です。

眺望目当ての八子ヶ峰ハイキングは、ガスりまくって、残念ながら適当なところで撤退した。
それにしても、ミドリはすでに13kg近いので、ちょっとした登りでも荷物と共に背負っているとキツイキツイ。ふぅ。

下山後は、白樺湖やら女神湖やら蓼科温泉周辺やら、ビーナスライン沿いをさしたるあてもなくドライブ。
この辺りを走るのは久しぶりだが、ザ・観光地!という感じで、なかなか新鮮でした。

ところで、今回いただいた賞金は、結局そのほとんどを茅野周辺の観光業界に落としてきたことになる。
我ながら、なんと律儀なオトコなのであろう。。。

さて、肝心の八ヶ岳フォトコンテストの表彰式。
遠方の入賞者で出席するのはオレくらいだろうなぁ....と思っていたのだが、豈図らんや、ほとんどの方が参加されていたようだ。
山小屋関係者とかアウトドアショップの方とか、主催者側なのか応募者側なのかよくわからないが、何となく見覚えのあるお顔もちらほら。
常連さんなのだろうか、互いに顔見知りの受賞者も多いようであった。
山ギョーカイ、狭し。。。

審査アドバイザーを務められた武藤プロダクション主宰・山岳映像作家の武藤昭さんや主催の観光連盟・各協会関係の方々、他の受賞者の方なども、表彰式の前後にお声をかけてくださり、なかなか楽しかったです。
また、入賞作は寸評をいただけるのだが、自分なりに気を配ったつもりの「構図」に関して言及していただいていた点が、大変嬉しくまた参考にもなった。
細かい話だが、日常の喧噪を離れ静寂の支配する晩秋の山へ、そしてその奥へと踏み行っていく緊張感と高揚感を表現するため、森の深さと空の高さ、それぞれの色やバランスを最適に配置するには、三脚の位置やカメラの角度だけでなく、トレイルの斜面状況も利用する必要があった。で、その作業を前後の登山者の邪魔にならないようにササッと終えなくてはならないので、実際にトレッキング中にやるとなると、けっこう大変なのです。
ぼくは自分撮り以外では三脚は使わないし、テント担いで縦走しながらパシャパシャ撮る、なんちゃってフォトブロガー・スタイル(?)なので、正統派の山岳写真愛好家のように「頑丈な三脚にカメラを設置して、じっくり検討を重ねてからカメラアングルを決定し、後はただひたすらシャッターチャンスを待つ」というタイプではまったくないが、実は構図にはそれなりにコダワリがあるのだ。
ともかく、自分が手がけた創作物(例えばブログの記事だってそうだ)に対して、肯定否定に関わらず率直なコメントや批評をいただけるというのは、何よりもありがたく嬉しいものである。もちろん、勉強にもなる。

募集が始まる来年秋までまだ間があるので、カメラ片手にまた八ヶ岳のどこかをぷらぷら歩いて、できれば次回も応募してみたいと思います。
それと、今回の入賞で俄然やる気が出てきたので、他のフォトコン情報も集めてみようかな。
2度目のビギナーズラックは果たしてあるのか?!

祝入賞!!!の蓼科旅行 リポート

  • 2009年11月29日 23:30
  • Posted by: かえる

冬の野辺山、犬+子連れ旅行

20090214-017.jpg

野辺山の旅館に一泊して、キャンプ以外では初となる犬+子連れ旅行をしてきた。
昔は、ペンション・プチホテルの類を利用して、あちこちへずいぶん旅行したものだが、モーフィーを迎えて以来、ヤツが喜ぶビブリでのキャンプが中心になってしまっている。上げ膳据え膳で食事の支度までしてもらえる旅行なんて数年ぶりだし、ミドリが生まれてからは初めてだ。

元々は、日帰りで「野辺山高原アイスキャンドルフェスティバル」を見に行くだけのつもりだった。
しかし、週明けに迎えるミドリの2歳の誕生日記念に、どうせだったら1泊して、雪遊びなんかもして.....となった次第。

犬連れ可能な場所が多い清里のペンションなども考えたのだが、やはり会場に近い方が良いだろうということで、最終的には「野辺山荘」にお世話になることにした。
中型犬以上が利用出来るのは2室、いずれも和室である。15畳あるので、親子3人+ラブラドール1頭でも十分な広さだった。
人工だが温泉風呂があり、地元の食材を中心とした食事もなかなか美味しい。何より、細かいところまで気配りの行き届いた、気持ちのいい小旅館でした。

 

夕方から始まるアイスキャンドルフェスティバルの前に飯盛山をスノーシューで登ろう、と何となく考えていたのだが、異様なほどの暖冬の影響で、あっちにもこっちにもさっぱり雪がない。
仕方がないので、モータンがミドリとスキー場の子供ゲレンデで遊んでいる間に、モーを連れて美し森付近をちょっとお散歩。どの程度標高を上げれば、スノーシューが楽しめそうなのか?、下見を行った。

宿にチェックインして、しばらく休んだら、車で数分の野辺山高原アイスキャンドルフェスティバル会場へ。このイベントは、今年ですでに14回目なのだとか。
中庭に2400個のキャンドルが灯され、サービスの豚汁やお汁粉が振る舞われ、氷の巨大オブジェがライトアップされ、キャンプファイヤーが点火され、地元の小学生コーラス隊の合唱が披露され、地元チームのよさこい踊りも披露され、手品師のマジックショーが行われ、大ビンゴ大会が催され、花火が盛大に打ち上がり、展示されていた手作りアイスキャンドルのコンテスト結果が発表される、という地味なことこの上ないイベントなのだが、村民のみなさんのほのぼのとした手作り感があふれていて、なかなか素敵でした。

翌日、宿でスノーシューをレンタルして、多少は雪がありそうな賽ノ河原をとりあえず目指すことにしたものの、モータンが気分が乗らないというので、途中でUターン。
ところが、なんと下山の途中でエル結家とバッタリ鉢合わせした。山梨県の山中で、まさかサイタマの犬友達に会うとは.........!!!
せっかくなのでお昼ご飯を一緒に食べた後、エル結家は中央高速を利用してのご帰宅。
我が家は、海ノ口・湯川の氷瀑を見学してから、いつもの関越道で帰路についた。

湯川の氷瀑はアイスクライミングのゲレンデとしても利用されるようだが、すでに所々から水の流れが確認出来るような状態だった。
そして、地響きがするような轟音と共に、突然目の前で巨大な氷柱が崩落したのには、驚かされた。
写真撮りに下まで行っていたら、串刺しになるところだった..........ふぅ。

それにしても、この週末の暖かさは、ちょっと不気味なほどだった。
往きの車中から見た、141号線「市場」付近の温度計は(マイナスではなくプラス)14度を指していた。
温暖化列島、ですな。

冬の野辺山、犬+子連れ旅行 リポート

  • 20090214-001.jpg
  • 20090214-006.jpg
  • 20090214-010.jpg
  • 20090214-009.jpg
  • 20090214-011.jpg
  • 20090214-013.jpg
  • 20090214-014.jpg
  • 20090214-015.jpg
  • 20090214-012.jpg
  • 20090214-016.jpg
  • 20090214-028.jpg
  • 20090214-029.jpg
  • 20090214-019.jpg
  • 20090215-020.jpg
  • 20090215-021.jpg
  • 20090215-026.jpg
  • 20090215-025.jpg
  • 20090215-027.jpg
  • 2009年2月15日 23:26
  • Posted by: かえる

Index of all entries

Home > 犬と一緒に > 犬連れ旅行 Archive

リンク集
フィード購読

Return to page top